最近、ハマッているドラマ

最近、といっても昨年から続いているBShi 太王四神記。

ぺ・ヨンジュンかぁなんて思いながら見ていたのですが、なかなかどうして面白いじゃないですか!

BSのイントロダクションを引用しますと、こんなあらすじです。

物語の舞台は、紀元前から7世紀まで、中国東北部から朝鮮半島に存在した国「高句麗」。
高句麗の人々は、数千年もの間、自分たちが神の国「チュシン」の末裔(まつえい)であると信じ、約束された王を待っていた。
そしてある晩--
ついにチュシンの王の誕生を告げる星が夜空に輝いた。
同じ日に王家に生まれた二人の男の子。チュシンの王を守るべく眠りから目覚めた四神たち。四神の神器を手に入れようと企む闇の勢力。引き裂かれた姉妹……
運命の歯車は大きく回り始めた。

チュシンの王の星のもと生まれたタムドク(ペ・ヨンジュン)が、数々の困難を乗り越え、天から与えられた四神の神器とその守り主をさがし当て、真の王へと成長する物語。
優しさと強さを兼ね備えたタムドクを演じるペ・ヨンジュンの演技が見どころ。

と書いてありますので、詳しくはNHKBShiのサイトで見てみてくださいね。

今のところ、24話中、17話まで進んでいます。韓国では30%を超える視聴率だったとか。ぺ・ヨンジュンのファンじゃなくても、楽しめますよ。