お彼岸

昨日は、お彼岸でした。
実家の父から「お墓参り行くから、一緒に行こう」と電話があって、早速出かけることに。

今まで、お墓は、山の中腹と下とに分かれていて、お参りの時は、ちょっとした山登りのいでたちで出かけておりました。
道なき道を行くって感じで、リュックを担いで長靴とか履くんだよ~。
が、父も高齢になり、今後のことも考慮して昨年の秋に下にあるお墓と一緒にしてもらうことになりました。
お陰でお参りしやすくなりました。

一通り、お掃除とお花を供えて、先祖への感謝と家族の幸せを見守ってもらえるようにお参りしました。

お墓参りには、昔住んでいた近所のおじさんの姿も見えて、ちょっとした昔話に花が咲いて、思わず懐かしさでいっぱいに。
(子供のころはお世話になりました。)

お墓参りの後、久しぶりにゆっくり実家へ。父ともいろいろと話をしながら、帰るのがとっても寂しい気分になってしまった。

ハッチだけはやっとお散歩に連れていってもらえると大はしゃぎ!!

Hachi

じっとしないハッチを撮るのは、私には至難の技だわ....。ふぅー

餅つき

我が家では、年末の29日か30日になると恒例の餅つきをしています。

餅つきの朝は、家中が餅米を蒸す匂いでいっぱい。
自宅の餅つきは杵と臼ではなくて、いわゆる「もっちこ」でして、つくというよりはこねて作るって感じです。
みなさんの家は、餅つきはどうされていますか?

Imgp1009_1 →釜の中でぐるんぐるん、廻っています。
  ほかほか湯気が立ち上がってる~

大概、お餅を取り分けたり丸めるなどの餅作りの過程は父が仕切って進めることになってImgp1013います。

               父がくるっ、きゅっとお餅をちぎっている様子。→

そうしてまるめたお餅はお正月までこうして置いとかれます。Imgp1011

→お雑煮になるのを待つお餅たち

私は、仕事納めで会社にダッシュ!したので、この後どうなったかがわかりません。
残念!

仕事を終えて家に帰ってきた時には、何事もなかったかのように普段の様子になっていました。
お餅つきも一つの年中行事だよなぁ。

そういえば、先日何かで餅つきボランティアというのがあるのを思い出しました。何かのイベントや餅をついて欲しい人のところに出掛けていって餅をつくというサービスらしい。

餅は餅屋に任せてということなのかしらん。

Green

この時期、お花屋さんや雑貨屋さんで観葉植物が涼しげにディスプレィしているのを見かけます。グリーンとガラスを使ってさわやかさを演出していますね。

部屋に花やグリーンを飾ると心が豊かになるような気がして、できるだけ取り入れるようにしています。

先日も前から気になっていたお花屋さんにふらりと立ち寄りました。
上手にディスプレィされている店内を回るうち、もっとグリーンがあると癒されるよねと購入することに。
Dsc00096
丈夫ですくすくと育ってくれる強いグリーンがないかとお店の人に尋ねて、写真の観葉植物を選びました。そのうち株分けしていっぱい増やそう!!(ジャングルみたいになってたりして......)

とレジのそばでちょこんと置かれていた小さなサボテンも購入〜!
明日、会社に持っていって机の上に飾ろうっと。Dsc00097
→仲間入りのサボテン君です。(いつの間にか男の子か、そういえばサボテンは水やりって必要だったけ......?)

そのうち、殺風景な会社の中を少しずつ緑で覆っていこうかな。みんなで癒されましょ〜。