趣味パート1

久しぶりにブログを更新しています。
ちょっと今日は私の趣味の一つ「絵手紙」の話を。

初めてお友達に誘われたのが、6年くらい前くらい。
素敵なお姉様がた達に混じって、毎回、墨と紙と格闘してます。

ここ最近になって、絵手紙の楽しさを発見できたような気がしています。

絵手紙は確かにお友達にも喜んでもらえるし、ヘタはヘタなりに見たままをって思っていましたが、
絵もうまく書けないし、文章も気の利いた一言が見つからないしなぁって結構、気負っている自分がいました。
絵手紙の展覧会を2月に開催することになり、1月は気合いも入って書く時間が多くなってきていたある日のこと。

先生が、「手紙なんだからね。あなたが感動したことやお友達に伝えたい気持ちをそのまま書けばいいのよ。」と私に言ってくださいました。
その時、自分が書こうとしていた友達は昨年、看護学校へ入って頑張っている彼女宛。
社会人として何年も経ちながらもチャレンジしている彼女に感動した気持ちはあるのに、文章としてなかなか、伝えたい言葉がみつからず躊躇していた時だったので、ハッとして「今まで、私が書いていた絵手紙って何?」という気持ちになりました。

それから自分の気持ちを素直に表現したいという気持ちで紙に向かうことができるようになりました。

今日は大きな紙に書いてきましたよ。(大作だ!)Imgp1082_1


最初の楽しいって思いながら書いていた気持ちを取り戻すべく、絵手紙書こうっと。